ラインシュタイン城、ライヒェンシュタイン城入

5/23 晴れ。

この日は23キロ先のキャンプ場、マリーエンオルトキャンプ場を目指す。

城に向けて7時頃出発した。キャンプ場は7時だとまだ誰も起きていない。

朝が早いと自転車道も人は少ない。

今日通る道は今までで一番景色の美しい道だった。

徐々に人が増え、18キロほど走った時、ライン川はカーブをえがき、対岸にはエーレンフェルス城が見えた。

そこから2キロほど走ると、見学1つめの城ラインフェルス城に着いた。

この旅はじめて城に興奮しつつ、長い階段を登っていく。

ラインフェルスは古くて素朴な佇まいだった。6€で入館し、見学した。

外の塔に結構登れた。高くて怖かった。向かって右の塔にはいれた。沢山の小さな部屋が詰まっていた。素朴なガルドローブがあり、ガラス越しにみることができた。

ここから5キロほど走るとライヒェンシュタイン城があった。麓には目指していたキャンプ場があり、先にチェックインしてテントを張り、スーパーを求めて2キロほど走ったがなにもなかった。(小さな町は可愛かった)

キャンプ場でランチを食べた。オーナーの女性は英語が全く通じず、何をするのも一苦労だった。ようやく注文ができて、唯一あったウインナーとパンを食べた。

少し休憩してライヒェンシュタイン城へ。急勾配の坂を登るとポルテーヌのようなおにぎり型のトンネルがあり、そこをくぐり階段を登るとはじめの門があった。

そこに入ると2つ目の門が。大きな跳ね橋と棘のような柵がかっこいい。

2人で13€で見学。とても大きく、壁面には大量の鹿の角。日本の鎧兜まであった。

テラスには立派なアリユール。離れた場所には見張り塔。そこからの眺めが非常によかった。

見学した後、キャンプ場に戻ろうとしたら電車の踏切が開かない。近くにいたおじさんが、そこのボタンを押せとジェスチャーしてくる。押してみるとスピーカーからドイツ語でおじさんの声が。

声はすぐに切れた。踏切は開かない。もう一度押すとものすごく怒鳴られた。

どういうことだ。

周りの人に聞いても、勝手に開くという。でも一向に開かない。

仕方ないので誰かが通るまでずっと待った。

一台の車がきた。ドライバーは押せというので恐る恐るまた押した。

次は何も言わない。電車が一本通り過ぎ、ふつうに開いた。

腑に落ちないがまあいい。

ディナーもキャンプ場になった。しかし注文がドイツ語でしか伝わらない。隣にいたおじさんに通訳してもらう。ヴィーナーシュニッツェルと、イェーガーシュニッツェルというのを1つづつ頼んだ。トンカツのようなものだった。

 

ドイツ旅への持ち物 キャンプ道具編。

今年の旅はドイツにしよう!自転車で城を巡ろう!

そう思い立ってから約半年後、ドイツへ出発です。

ギリギリまでチケットもとらずうだうだやってましたが、2ヶ月を切ったあたりから準備をはじめました。

 

2年前のアイスランドキャンプ旅から学んだことを活かし、

必要最低限の必需品を考えました。

 

5月28日に出発し、その3日後にはキャンプ泊が始まったわけですが、

ドイツ、思った以上に寒い。

特に朝晩が冷え込む。

モンベルのエアパッド、持ってきてよかったです。

今回持ってきたキャンプ用品をリストにしてみます。

 

・2人用テント(コーナンで昔適当に買ったやつ)

・レジャーシート1枚(テントの下に引くと汚れ防止になる。2枚あった方がいい。)

・金槌(ペグ刺し用。周りのキャンパーに羨ましがられるほど必要)

・寝袋

・エアパッド

エアパッド用 空気ポンプ(モンベル用の袋型のがかなりいい)

折りたたみの小さな椅子(背もたれがあるものにすればよかった)

洗濯ロープになるような細めのひも(物を縛ったりもできて便利)

洗濯バサミ(なにかと使う)

太陽光で充電できるソーラー発電器(あんまり役に立たない)

モンベルのフライパン(めっちゃいいです)

100均で買った小さなフライ返し(めちゃくちゃいいです)

キャンプ用の深めのパンと蓋のセット(お湯沸かし用。蓋は皿になる)

タッパーひとつ(なにかと役立つ)

折りたためるお玉

箸3セット(フォークとか持っていくより役立つ)

使い捨てのちっちゃなプラスチックスプーン20個くらい(アイスランドで買ったもの。便利。すぐ折れるけど。)

耐熱のコップ(イラストにはホーローとあるけど、スタッキングできる100均のプラスチックのコップにした。便利。)

食器拭き用布巾(絶対あったほうがいい)

輪ゴム たくさん(絶対あったほうがいい)

食器洗いスポンジ(洗剤のいらないもの。)

ナイフ(小さな包丁か、サバイバルナイフ)

100均の小さなまな板(トレーとしても使える。万能。)

コンパクトなガスバーナー(ガスは自体は現地調達)

ヘッドライト(暗い時のテント設営などにめちゃ便利)

袋型のソーラー式ライト(軽くてぺったんこになるから邪魔にならないし結構明るい)

 

こんなもんでしょうか。上記は、長期旅にはまじで無いと不便です。

で、こうしたほうがもっといいと思ったこと。

 

・レジャーシートは2枚がいい。

一枚はテントの下にひく。テントは基本毎日畳んで袋にしまうので、汚れない方がかなり楽。そしてもう一枚はテントの前に敷くとリビングになる。

これはかなり重要。それに、テント設営の時、荷物をシートの上に置いたりできて、いちいち汚れなくていい。ドイツのライン河沿いのキャンプ場は、鳥の巨大なフンだらけで、直にかばんを置く気になれないから、レジャーシートは2枚必要だと思いました。

 

・折りたたみ椅子は、背もたれつきのコンパクトなものがあったほうが絶対いい。

多少高くても。長期キャンプで何が辛いかと言うと、背もたれのある椅子にすわれないこと。小さな椅子は予想以上に休めません。背もたれにもたれて足を伸ばして座れたら、劇的に変わると思います。

 

雑巾は必要

雑巾というか、食器用以外の布巾。ドイツのキャンプ場には家のキッチンのような綺麗な食器洗い場があり、使ったほとんどの人は最後に綺麗に拭いています。水浸しのままだと結構冷ややかな目で見られます。素晴らしいなあと思い、今はティッシュで代用してます。

 

・余裕があるならキッチンペーパーはあるといい

車での旅なら、キッチンペーパーがあるとすごく便利です。なんでも拭けるし、捨てるだけでいい。今回は自転車なので省きました。

 

・テントは軽くて大きなものを

そりゃそうだと思われそうですが、小さいテントは本当に辛い。次の旅は、多少高くても、いいものを持っていきたいです。しかし、数年前フジロックのために適当に買ったテントでも、かなり頑張ってくれてます。

 

とまあこんなもんでしょうか。

そして新たに買い足したものもいくつか挙げてみます。

 

・アウトドア用ガス

これは飛行機には積めないので、必ず現地調達になります。ホームセンターでは手に入らないので、大きな街でアウトドアショップを探す必要があります。ガスについては、結構入手が難しいので、手に入る時に買っておかないと危険です。たまーにキャンプ場で販売してくれていることがあります。価格も高くなくて助かりました。

 

・電源コード

結構値は張りますが、気にせずケータイを充電できるのは大きい!!ドイツのキャンプ場には必ずキャンピングカー用の電源が用意されていて、テントでも頼めば有料で使わせてくれます。しかし!最低でも10メーターの延長コードと、変換器が必要です。とあるキャンプ場で販売していたので、そこで揃えました。はじめは延長コードだけ買ったら、それだけではキャンプ場のコンセントの穴に挿せなくて、変換させる部品を買って使えるようになりました。日本円で、計7000円はしたかと思います。。がしかしこれは無いときついです。洗面所やキッチンにコンセントはありますが、置きっ放しにしてると盗まれるし、そこにずっと立ったままでもいられないので、あてにしない方が良いです。

 

・・・いまのところ、思いつくのはこれくらい。

インドアで体調管理の難しい私でも、なんとか楽しくやっていけてます。

ああ、因みに6月現在のドイツは、夜の9時半が日の入りなので、それまでずっと明るく、今までライトを使ったことがありません。あと、テントを張る場所を考えないと、日照時間が長いので蒸されるくらいテントが暑くなります。

できるだけ太陽の動きを計算して、木の陰に入るようにするのが最近習得した技です。